エンタメ ジオウ 仮面ライダー

仮面ライダージオウ5話「スイッチオン!2011」感想!福士蒼汰の出番は?

投稿日:

※本記事はネタバレを含んでいます。未視聴の方でかつネタバレ嫌いな方はブラウザバック推奨。

ついに仮面ライダージオウも5話まで来ました。今までは2話ごとに1つのレジェンドライダーが登場していたのですが、5話と次回6話では「フォーゼ」と「ファイズ」がまとめて登場します。

一見全く関係なさそうな「フォーゼ」と「ファイズ」が混ざり合いどのような物語になるのか非常に気になります。僕も前日プレミアムバンダイから届いた「ツナ義ーズTシャツ」を着て画面待機しておりました。

仮面ライダージオウ5話のあらすじ

 てんびん座生まれの18歳の女子高生が次々に失踪する事件が発生した。しかも、ここ数年にわたって…。アナザーライダーの仕業とにらんだソウゴ(奥野壮)、ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)は、新たな失踪者が出ると予想される天ノ川学園に潜入。調査を開始する。

 てんびん座生まれの18歳、カリン(杉本愛里)を発見したソウゴだったが、カリンは屋上から何者かに突き落とされる。ソウゴがゲイツ、ツクヨミと屋上下へ駆けつけると、カリンのそばにアナザーフォーゼが立っていた。

 カリンの無事を確認したソウゴとゲイツは、ジオウ、ライダーゲイツに変身。戦いを挑むが、なぜかカリンはアナザーフォーゼにタックル。そのアナザーフォーゼが逃げた後も「俺たちが守るから」というジオウらを避けるように逃げてしまう。

 変身を解除したソウゴとゲイツは仮面ライダー部の部員につかまり、そのまま部室へ。そこでソウゴは、ライダー部の元顧問・大杉先生(田中卓志)から、現在の部の顧問から預かったというフォーゼのライドウォッチを受け取る。

 アナザーフォーゼの体にあった「2011」の数字をヒントにソウゴとゲイツは2011年の世界へ。そこでは佐久間(水石亜飛夢)がタイムジャッカーのスウォルツ(兼崎健太郎)によってアナザーフォーゼとなる力を得ていた。

 そのアナザーフォーゼが女子高生を襲うところを目撃したソウゴとゲイツは、ジオウ、ライダーゲイツに変身。ジオウはここぞとばかりに大杉先生から受け取ったフォーゼウォッチでジオウフォーゼアーマーに変身しアナザーフォーゼに襲いかかる。

 そのころ2018年の世界ではツクヨミがカリンに接近。やさしく事情を説明し、「私たちのところへ来ない?」と声をかける。
 しかし、謎の男・雅人(村上幸平)が現れ「邪魔しないでもらえるかな」とツクヨミに襲いかかろうとする。その瞬間、もう一人の男・巧(半田健人)が現れ、ツクヨミを守る。

「久しぶりだな、草加」

敵対しているかのような二人の男たちは一体…!?

 

 一方、ジオウフォーゼアーマーの必殺技で倒されたかと思われたアナザーフォーゼだったが、なんとその表体が割れると中から別のアナザーライダーが姿を現した。

「中から違うアナザーライダーが!?」

これまでにない事態にジオウとライダーゲイツは…!?

引用:テレビ朝日仮面ライダージオウ5話

福士蒼汰は仮面ライダージオウに登場したのか?

前回仮面ライダージオウ4話のラストシーンで福士蒼汰が演じた如月弦太郎っぽい後ろ姿が映りました。ファンの間では「平成ジェネレーションズに続きまた出演してくれるのか!」「いやあの後ろ姿は違うね!」など様々な声がありました。

中にはあれが福士蒼汰じゃない前提で「アナザー福士蒼汰」とアナザーライダーと掛けて、ジョークを飛ばす人まで現れました。

個人的にアナザー福士蒼汰は結構面白くセンスがあるなぁ・・・と思いました。

さてその福士蒼汰ですが残念ながら今回の出演はありませんでした。もし出演するのであれば「平成ジェネレーションズfinal」の時のように事前に報道されてるはずですから「そりゃ・・・そうだよね」とは思っていました。

ですが、これまでのオールライダー作品や仮面ライダー×スーパー戦隊のときのような適当な過去ライダー演出と違い、本人が出れないなりに工夫していたところは非常に好感が持てました。

如月弦太郎っぽい人をキチンと登場させた

後ろ姿のみのですがキチンと如月弦太郎っぽい人が登場していました。「MOVIE大戦アルティメイタム」のクライマックスシーンのように本人が登場しないけど本人の変身前ですよ感をイメージさせるように工夫していました。

以前のレジェンドライダー集結ものだと、全く似てもない声で適当にそのキャラのセリフを発していただけという思い出しかないために、別人の後姿とは言え頑張っていると思いました。

フォーゼ時の福士蒼汰の声を当てていた

また声と言えば、福士蒼汰がフォーゼ時に当ててたセリフを使用していました。「平成ジェネレーションズ」の鎧武のように本人が出れないけどなるべく本人ぽさを演出するために、過去の音声をちゃんと使っていたのは良い演出だと思います。

過去映画やバトライドウォーなどで、全く似てもない声を聞かされまくった身としては、これだけで涙が出るくらいうれしい。

写真で仮面ライダー部が登場

またフォーゼ時の仮面ライダー部こそ出なかったものの、当時の写真を使ってフォーゼというレジェンドが活躍していたことを表現していました。

リアタイで見ていた身としては、アルバム写真が出て来ただけで感動!

仮面ライダージオウ5話の感想

新キャラ「スウォルツ」登場

ついにタイムジャッカーが3人揃いました。全く関係ない話ですが「スウォルツ」の人が仮面ライダーアマゾンすの志藤さんに似てると思ったのですが全くの別人でした。(スウォルツ役の人は兼崎健太郎さん、志藤真役の人は俊藤光利さん)

顔似てると思ったのは僕だけじゃなくて安心しました。

話を戻しますが、スウォルツはどうも他2人に比べて各上っぽい雰囲気が出ていますね?「オーマジオウを倒すだけの実力を持つ新たな王の擁立」を目論む手ごわい敵が登場したと言えます。

アナザーフォーゼ強ぎ問題

アナザーフォーゼは原点の仮面ライダーフォーゼ同様、複数のアストロスイッチを扱うことができます。しかもフォーゼと違ってアナザーフォーゼをアストロスイッチを差し込む描写がなくノーモーションで使っています。

ロケットやランチャー、チェーンアレイも使い、しかもゲイツドライブアーマーに蹴り勝っています。(とは言えその後アナザーフォーゼはウォズにパンチを止めれていましたが・・・)

「アナザービルドはバスケットボールだったのにアナザーフォーゼはアストロスイッチを使えるのか謎」「レーダーなしでランチャー撃ってくるとか元のフォーゼより使いこなしているじゃん」とか言われていますね。

使い手によって変化するライドウォツチ

ジオウがビルドアーマーになったときは数式じゃなかったのに、ゲイツが変身したらビルド同様ちゃんと数式が出ていました。こういった細かい演出大好きです。

坂本監督のアクション

ジオウ5話と6話の監督はパワーレンジャーシリーズ仕込みのアクションに定評のある坂本監督でした。

ソウゴ君がわざと階段から転げ落ちるシーンを見て「このダイナミックな転倒は坂本監督だ!」って懐かしくなりました。

「平成ジェネレーションズ」のときは坂本監督の生身アクションに若干胃もたれをしていたのですが、さすがフォーゼのメイン監督をしていただけあってフォーゼの動かし方が良かったと思いました。

アナザーフォーゼのアクションも、フォーゼ―アーマーのライダーキックも大変素晴らしかったです。

次回坂本監督のアクションの元にどうファイズが動くのかも楽しみですね。(もしかしたらファイズもカイザも変身しないかもしれませんけど

あと坂本監督大好きなお色気カットがまだ登場していませんね・・・・待ってます

フォーゼとファイズの深いつながり?

一見なんの関係もなさそうなフォーゼとファイズですが、ネット上では深い繋がりがあるのではないかと考察されていました。

「仮面ライダーディケイド」でファイズ編で学園生活を描いたロケ地などが、その後放送された「仮面ライダーフォーゼ」の元となっているという話があります。それを踏まえた上での5話6話だとするとものすごく深い話ですね!

また、「4(フォーゼ)から5(ファイズ)へ」、「流れ星→流星→小さな星(ファイズOP:JustiΦ's」などいろいろ想像を膨らませることもできます。

あくまで裏設定や妄想なので、なぜフォーゼとファイズが繋がっているのかは、次回第6話「555・913・2003」でチェックするほかありません。

おわりに

他にもアンガールズ田中さんや「ムービー大戦アルティメイタム」の後輩仮面ライダー部のキャストが出ていたりと、小ネタが満載だった仮面ライダージオウ5話。

今のところ良い滑り出しで毎週飽きないで見れています。引き続き20周年記念作品を見守りたいと思います。

 








特撮やマーベルも見れる人気の動画配信サービス

仮面ライダーなどの日本特撮やアベンジャーズなども見れる人気のVODサービスを紹介します。

返却の手間も延滞の心配もいらない便利なサービスなので、是非利用して欲しいと思います。(無料の体験キャンペーンも随時実施中)

U-NEXT

U-NEXTは新作の配信がスピーディで次々に話題作を見ることができます。加えてコンテンツが全ジャンルを通じて充実している、量・質ともに満足のサービスです。

最新映画は有料となりますが、毎月付与されるポイントで2本分は無料で見ることができます。

またU-NEXTでは雑誌読み放題サービスや、アダルトジャンル見放題のサービスも追加料金なしで利用できます。

Hulu

Huluの月額は税抜き933円と1000円以下の安いVODです。ただ新作のラインナップが少し良くないのが難点。

「アベンジャーズ」関連の作品が公開されるたびに、MARVEL作品見放題キャンペーンを定期的に行っています。

Amazonプライムビデオ

アマゾンが提供しているサービスです。お急ぎ便が無料になったりなど様々なサービスがあるためコストパフォーマンスが良い。

ただし動画のコンテンツが少なく、定期的に見れなくなる作品もあるため、動画のためだけに利用するというのはあまりおすすめできません。

-エンタメ, ジオウ, 仮面ライダー

Copyright© GEEK-INDUSTRY , 2019 AllRights Reserved.