MCU アントマン エンタメ

映画「アントマン&ワスプ」の感想!優しいヒーロー映画!【ネタバレあり】

投稿日:

2018年8月31日に日本で上映開始した「アントマン&ワスプ」。「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」以来のアントマンの登場作品が主役映画でした。

「アントマン&ワスプ」の前映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」だったとこともあって温度差が激しい本作。個人的には良い感じで「インフィニティウォー」のモヤモヤを笑いに変えてくれたと思っています。

アクション映画としても面白いですし、コメディ映画として見ても面白かったです。

アントマン&ワスプまでのあらすじ

前作単独主演映画「アントマン」

『アントマン』は、マーベルコミックのキャラクターで2015年に映画化されました。様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズとしては12作目の映画です。

主人公のスコット・ラングは、3年前に窃盗罪で服役して無事刑期を終えて出所。更生しようとするものの世間の風当たりは強く、前科ばれた瞬間仕事はクビになり、離婚した妻とその再婚相手にも冷たい対応をされてしまう。

娘のキャシーが慕ってくれることだけが唯一の救いだったのですが、養育費が払えないことを理由に娘と会うことも禁止。ドン底のスコットは、昔の泥棒仲間たちと再び窃盗へ。そして窃盗先の豪邸でヘルメットと革製のスーツを盗むことに。

金目の物を奪えずショックを受けているスコットですが、とりあえず盗んだスーツとヘルメットを着用してみることに。着用した途端、体がアリほどの大きさになり、命かながら元のサイズに戻ります。

その後は危機を感じてコスチュームを返却しようとしますが、警察に逮捕されえてしまいます。その後盗みに入った屋敷の主で天才科学者のハンク・ピム博士がなぜか身柄を引き取ることになりました。

実は盗みの犯行はわざとピム博士によって仕込まれていたことで、スコットの腕前を見込んでいたピム博士は、刑務所行きと引き換えにアントマンになってほしいと頼むことに。

ピム博士は以前、自ら開発した身体縮小スーツを身にまとってアントマンとして活動、数々の極秘任務をこなしていました。物体伸縮技術は流失するとスパイをはじめとしたありとあらゆる犯罪に使われる可能性があることから、長年アントマンの理論を秘密にしていました。

ですが、ピム博士の弟子であるダレン・クロスは縮小技術を解き明かしてしまいます。ダレンはその技術をマーベル作品常連の敵組織「ヒドラ」相手に売りさばくため取引をしようとしていました。

世界の混乱を阻止するために、ダレンの拠点から試作スーツを奪った上でデータを破壊しなければなりません。

一見スコットには関係ないかのような話ですが、ピム博士に「娘に顔向けできないコソ泥として一生を過ごすよりはマシだ」と説得をされて、渋々アントマンとして活動するために体術やアリの操縦などの訓練をすることになります。

果たしてドン底のヒーローは世界の危機を救えるのか?そして娘のキャシーに再開できるのか?というのが映画「アントマン」のおおまかなあらすじ。

「シビルウォー」でのアントマン

正義のヒーロー集団アベンジャーズはそれまで様々な悪と戦ってきましたが、一般市民に犠牲者を出してしまったことで国際社会や戦いに巻き込まれて家族を亡くした親から非難を浴びてしまいます。

常人を遥かに超えた力を持つ集団アベンジャーズを国連の管理下に置く「ソコヴィア協定」が規定が生まれ世界各国の支持を得ます。

アイアンマンことトニー・スタークは真っ先に「ソコヴィア協定」に同意、他のメンバーも署名に同意していましたが、キャプテン・アメリカは「自分たちで判断して行動する権利と責任が奪われる」という主張から、署名を拒否。キャプテン・アメリカに同意するメンバーも複数人いたため、それまえ一丸で戦っていたアベンジャーズは2つに別れることに。

そんな中、キャプテン・アメリカのかつての友人であるバッキー・バーンズがワカンダ王国の国王を殺したとされて国際的な指名手配を受けることに。当然キャプテン・アメリカたちはバッキーを助けるために活動をするのですが、結果的に逮捕されてしまいます。

事態の収拾を図るために、トニーはソコヴィア協定に署名するようキャプテン・アメリカに説得するものの当然拒否。そんな中収容されていたバッキーがヒドラの幹部にかつての洗脳状態に戻されてしまい脱獄をしてしまい、事態はさらに悪化。

洗脳が解けたバッキーは、キャプテン・アメリカたちに自分のほかにも洗脳兵(ウィンターソルジャー)がいることを告げ、今回の一件首謀者はシベリアのヒドラ施設で冷凍保存されている他の兵士を復活させてテロを引き起こす可能性があると推理。

キャプテン・アメリカとバッキー、ファルコンは、他の署名反対派のスカーレット・ウィッチと、過去の戦い以来引退したはずのホークアイ、そしてアントマンを仲間に引き入れて、シベリアに飛ぼうとします。

ところが空港には、アイアンマン、ウォーマシン、ナターシャ、ヴィジョンと同僚のアベンジャーズに加えて、ワカンダ国王の息子であるブラックパンサー、ニューヨークで親愛なる隣人のとして平和を持っていたスパイダーマンを加えて、キャプテン・アメリカ達を待ち構えていました。

長くなってしまいましたが、本作でのアントマンはこのアベンジャーズ同士の内乱に巻き込まれる形で登場します。

その後キャプテン・アメリカとバッキー以外は捕まってしまい、もちろんアントマンも捕らわれてしまいます。

アントマン&ワスプのあらすじ

シビルウォーの戦いで無事逮捕されてしまったアントマン。司法取引を経てFBIの監視下に置かれてしまいます。2年間自宅に出ることもできない状態になります。

一方でシビルウォーでの一件では、スコットはピム博士に無断でアントマンスーツを使用してしまったため、開発者のピム博士とその娘で今作のワスプであるホープの二人とは険悪の中になってしまいました。

ところが自宅軟禁終了の3日前にスコットは、量子よりも小さい世界でピム博士の妻でホープの母であるジャネットが登場する夢を見ます。この夢がキッカケでスコットはピム博士とホープの「ジャネットを量子より小さい世界から救出する」という計画に参加させられます。

あと3日家でおとなしくしていればFBIの監視ともおさらばで娘に会いに行けるというスコットは最初は非協力的なのですが、勝手にスーツを持ち出した一件をつつかれて渋々手伝うことに。

ですが世の中はそううまくいかず、キャリーケースから大型のビルにまでサイズを変えられる研究所を巡り、すべてをすり抜ける神出鬼没のゴーストと闇の世界のブローカーとも戦わなければならなくなってしまいます。

  • スコットはあと3日の監視をトラブルなく終えて娘に会えるのか?
  • ピム博士とホープはジャネットと再開できるのか?
  • スコットとホープは盗まれたら世界を変えかねない、キャリーケースサイズの研究所を守り切れるのか?

アントマン&ワスプの感想

冒頭でも述べた通り非常に面白い映画で見に行って良かったと思いました。笑えるシーンも圧巻のアクションも両方あって見てて飽きませんでした。

個人的に良かったなと思うところを取り上げたいと思います。

シビルウォーの話をちゃんと笑いに変えている

シビルウォーってエンディング的にすごく悲しい話じゃないですか?アイアンマンとキャプテン・アメリカは仲違いしてしまいましたし、他のメンバーは逮捕されてしまいました。

スパイダーマンもそうですが、アントマンも元々アベンジャーズのメンバーではないためあの内乱もそこまで気にしてないというか、面白おかしく表現しているのが良かったです。

嫌なキャラがいない

前作では終盤まで、前妻の再婚相手のパクストンが好きじゃなかったです。もちろん彼の心境を察するにスコットに対して当たりが強いのも納得できますが、ああいう突っかかってくる系の展開は個人的に苦手です。

ですが今作では、娘のキャシーはもちろんのこと、前妻マギーとパクストンとも良い関係を保っていて、軟禁状態とは言えスコットと彼を取り巻く環境が平和なのが良かったです。

FBIの面々が事あるごとに突っかかってきますが、スパイダーマンのフラッシュのような立ち位置で、空回りしているところでプラスマイナスゼロになっているような気がします。

ルイス達がさらに面白い

わきを固めるキャラクター達も魅力的になっています。泥棒仲間のルイスは今作では警備会社を設立しています。

大口の取引がないと倒産という危機で、ブローカーたちに捕まったりと大変な状況なはずなのにただただ笑えてしまいます。自白剤のくだりは何回見ても面白いことでしょう。

アクションが素晴らしい

1作目のときは「ハイテク武装した鉄の男やハンマーを持った神がいる中で、小さくなるだけって地味だろ」と思っていて、いざ作品を見たらあまりの面白さにびっくりしました。

そして今作ではさらに小さくなるアクションがパワーアップ。敵のパンチを小さくなってかわしたと思ったら、次の瞬間には普通のサイズに戻る一連のアクションが素晴らしい。

今作ではワスプとコンビプレーや、シビルウォーで見せた巨大になるアクション、さらにはカーチェイスにまで小さくなるアクションを盛り込み、大変素晴らしい仕上がりになっています。

アントマン&ワスプvsゴーストvsブローカー'sの入り乱れゴチャゴチャした戦いは、Blu-rayが出たら何回も巻き戻して見直したいです。

戦っている規模が小さい

今までのMCU作品は神の戦いであったり、地球滅亡の危機だったりと規模が大きいのですが、スパイダーマンとアントマン&ワスプについては比較的小規模での戦いをクローズアップしています。

世界の危機という大スケールな映画も好きなのですが、こういった比較的規模が小さいところで人々を脅かす可能性がある脅威と戦っているのも好きなので、その辺も良かったです。

しかし、「マイティ・ソー/バトルロイヤル」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と続いていたためスケールの大きいた戦いに期待す人には残念な結果かかもしれません。

アベンジャーズ/インフィニティウォーの伏線も盛り込まれている

エンドロール後に、「アントマン&ワスプ」の前に公開されているインフィニティウォーの要素も盛り込まれていました。

インフィニティウォーではかなりショックを受けたヒーローの消失シーンですが、アントマン&ワスプで消失するシーンでは劇場に笑いが起きていました。

あのシーンで笑いが起きるのはさすがアントマンと言った感じです。(逆にトラウマを思い出した人もいるかもしれません・・・・

そして笑いだけでなく、アントマンだけ消えなかったシーンは今後の伏線なのかもしれない、という考える余地も残しているのが素晴らしいなと思いました。

おわりに

全体を通して完成度が高く、アクションも良ければユーモアもあります。「アントマン&ワスプ」だけでなく、スパイダーマンもGotGもマイティ・ソーもフェーズ3の映画はどれも面白いものばかりですね。

それぞれの親子・家族愛をテーマにして、かつ他のMCU作品にもちゃんと繋げているのも素晴らしい作品でした。上映が終了する前にもう1回見に行って動画配信がスタートしたら速攻視聴したいです。

関連記事アベンジャーズ/エンドゲームの前に過去作を復習しよう!
アベンジャーズが観れるおすすめ動画配信サービス(VOD)まとめ!

アベンジャーズと言えば、アメコメ最大手の1つマーベルのキャラクターが一堂に集結する人気作品です。 日本で言うと別作品の仮面ライダーやスーパー戦隊が集結しているイメージと言えば良いでしょうか・・・・とに ...

続きを見る








特撮やマーベルも見れる人気の動画配信サービス

仮面ライダーなどの日本特撮やアベンジャーズなども見れる人気のVODサービスを紹介します。

返却の手間も延滞の心配もいらない便利なサービスなので、是非利用して欲しいと思います。(無料の体験キャンペーンも随時実施中)

U-NEXT

U-NEXTは新作の配信がスピーディで次々に話題作を見ることができます。加えてコンテンツが全ジャンルを通じて充実している、量・質ともに満足のサービスです。

最新映画は有料となりますが、毎月付与されるポイントで2本分は無料で見ることができます。

またU-NEXTでは雑誌読み放題サービスや、アダルトジャンル見放題のサービスも追加料金なしで利用できます。

Hulu

Huluの月額は税抜き933円と1000円以下の安いVODです。ただ新作のラインナップが少し良くないのが難点。

「アベンジャーズ」関連の作品が公開されるたびに、MARVEL作品見放題キャンペーンを定期的に行っています。

Amazonプライムビデオ

アマゾンが提供しているサービスです。お急ぎ便が無料になったりなど様々なサービスがあるためコストパフォーマンスが良い。

ただし動画のコンテンツが少なく、定期的に見れなくなる作品もあるため、動画のためだけに利用するというのはあまりおすすめできません。

-MCU, アントマン, エンタメ

Copyright© GEEK-INDUSTRY , 2019 AllRights Reserved.