スパイダーマンの歴代俳優の紹介!主人公が毎回変わる理由とは?

MCU

アメコミを知らない人でも、壁に張り付き糸を飛ばしてニューヨークを駆け回る通称ウェブベッドことスパイダーマンを知っている人は多いはずです。

アメリカの大人気ヒーローでハロウィンシーズンにはみんながこぞってコスプレする「親愛なる隣人」なのですが、主人公が毎回違うと感じている方もいるはず。

本記事では主人公が変わる理由と歴代のスパイダーマン俳優を紹介したいと思います。

主人公が毎回変わる理由

今までスパイダーマンの映画は3種類あり合計5回映画化されています。そしてスパイダーマン俳優も合計3人います。最初に結論から言うと主人公が毎回変わるのは本人が悪いわけではありません。

主人公が毎回変わる理由を各3作品に触れながら解説します。

スパイダーマン

最初に映画化されたスパイダーマンは2002年にさかのぼります。サム・ライミさんが監督を務めたことから「サム・ライミ版」とも呼ばれます。

クモに噛まれたことによる変化に戸惑う描写や、ベンおんじさんの「大いなる力には大いなる責任が伴う」という台詞を心に秘めて戦うシーン、初めて映画館で見るスパイダーアクション、など当時いろいろ度肝を抜かれたのを覚えています。(伝説のスパイダーマンキスが見れるのもこの映画がの魅力)

当然ニューヨークを加齢に駆け回るスパイダー男は世界的に大ヒットしました。サム・ライミ版スパイダーマンは合計3まで続編が続く人気シリーズになりました。

サム・ライミ版スパイダーマンの主人公を演じたのはトビー・マグワイヤという俳優さんです。トビー・マグワイヤが降板した理由はスポンサーの意向です。1を演じた時点でトビーの年齢が27歳で3の頃には32歳になっていました。

役者としては申し分ないのですが、スパイダーマンを演じるには歳を重ね過ぎているためスポンサーのソニーはリブート(再始動)する形に・・・・

アメイジングスパイダーマン

次に作られたスパイダーマン。アメイジングスパイダーマンは2まであります。

他のスパイダーマンに比べて恋愛色が強く、ヒロインのグウェンと出会い人間的にもヒーロー的にも成長していきます。グウェンを演じたのはエマストーンというラララランドの女優でお馴染み。

個人的にアクションシーンが一番好きなこの作品の主人公を演じたのがアンドリュー・ガーフィールド。

彼が降板した理由は、アメイジングスパイダーマンシリーズの興行収入が伸びなかったことで続編が打ち切りになったためです。

スパイダーマンホームカミング

アメイジングスパイダーマンが打ち切りになった後、ソニー・ピクチャーズが持っていたスパイダーマンの映画権利をアイアンマンなどヒット作を連発していたマーベル・エンターテイメントと分かつ形に・・・

そうして3度目のスパイダーマンはマーベルシ・ネマティック・ユニーバス(通称:MCU)という形で再始動することになり、新生スパイダーマンは各MCUヒーローが内部分裂する「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」で初登場をします。

その後、2017年には新生スパイダーマンの単独映画「ホームカミング」を、2018年には各MCU作品が共闘する「アベンジャーズ/インフィニティウォー」に登場。

2019年には「アベンジャーズ4」やホームカミングの次回作である単独主役映画「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」に登場予定。このスパイダーマンの役者はトム・ホランド。

各スパイダーマン俳優を紹介

次に各スパイダーマンを演じた役者を簡単い紹介したいと思います。

トビー・マグワイヤ

最初のスパイダーマン「サム・ライミ版」で主人公ことピーター・パーカーを演じた俳優さんです。

映画のピーター同様で穏やかで内気な一面もある方だそうで、レオナルド・ディカプリオと仲良し。家計のために役者になった苦労人で「サイダーハウスルール」「華麗なるギャツビー」などの作品に出演しています。

アルコール依存症の克服をしたり、バツイチになったりと家計以外でも苦労が絶えなかったようです。(現在は俳優としては活躍していないようです)ポーカーがものすごく上手で世界選手権に参加するほどの腕前を持っているとか・・・・

アンドリュー・ガーフィールド

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

=

Andrew Garfieldさん(@andrew_garfield83)がシェアした投稿 –

自身が幼いころから熱烈なスパイダーマンのファンです。きっと出演が決まった時には大はしゃぎしていたことでしょう・・・・

「ソーシャルネットワーク」「わたしを離さないで」「ハクソー・リッジ」などに出演、演技が繊細な実力派俳優で、数々の賞にノミネートされています。

ちなみにヒロインのグウェン役を演じていたエマ・ストーンとはリアルで交際していたようです。

トム・ホランド

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I smell a trailer. See you all later on @jimmykimmellive. Can’t wait! #spidermanhomecoming

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 –

MCU世界のスパイダーマンを演じている俳優。他2人のスパイダーマン俳優に比べてスパイダーマンを演じた年齢が一番若い。

「白鯨との戦い」「レジェンダリー」などに出演をしており、演技力だけでなくスタントマンを必要としないくらい高いアクション能力を持ち合わせています。

「見る人すべての孫になっちゃうマン」と言われるくらいに可愛らしい青年です。

スパイダーマンを演じたかった人気俳優

ダニエル・ラドクリフ

ハリーポッターシリーズを子役からずっと演じていたダニエル・ラドクリフ。実は小さい頃からスパイダーマンを演じてみたいという夢があったそうです。

ただ残念ながらトム・ホランドがスパイダーマンに決まった時点で諦めたようです。

ローガン・ラーマン

三銃士で一躍人気者になり、フュリーでブラット・ピットが大絶賛する演技を披露したローガン・ラーマンも、スパイダーマンシリーズの大ファンでスパイダーマンになりたかったようです。

こちらもトム・ホランドがスパイダーマンになったのを知り諦めることに・・・・

おわりに

各スパイダーマンが毎回変わる理由と演じた俳優さんたちを紹介しました。現在はトム・ホランドが演じるスパイダーマンが最新ということになっています。

またトム・ホランド演じるスパイダーマンに対して、

  • トビーは「トムは素晴らしいよ! 立派なスパイダーマンだ。これからも頑張って!」
  • アンドリューは「観たよ!最高だね!よく出来てると思うよ。すごく興奮した。待ちきれないよ!僕はトム(・ホランド)とキャラクターの大ファンだ。とてもエキサイティングだね。」

と自分の役を他の俳優に取れた妬みなどはなく、むしろ褒めている様子でした。

ウェブヘッド

親愛なる隣人になりきれなかった男。買ったおもちゃのレビューや映画の感想、海外のマーベル情報の和訳などのブログを不定期に更新しています。

マーベル作品が見れる動画配信サイト一覧
Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)

マーベル作品の権利を持っているディズニー公式の配信サイトであるため、ほとんどすべてのアベンジャーズシリーズ作品を見ることができます。

またディズニープラス独占配信のスピンオフ作品も視聴することが可能です。

今なら31日間のお試しトライアルもあります。

U-NEXT

こちらはアベンジャーズに特化していないためアベンジャーズ作品を見るためには別途課金が必要なのですが、毎月有料作品を見ることがポイントが見れるので実質無料で見ることも可能です。

またU-NEXTは動画以外にもアダルト向け作品や一般雑誌も見ることができるので、アベンジャーズだけでなく幅広くエンタメを閲覧したいあなたはこちらの方がおすすめです。

MCU スパイダーマン
GEEK-INDUSTRY(ギークインダストリーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました