MCU エンタメ スパイダーマン

映画「ヴェノム」にスパイダーマンは登場しない!胸のクモはどうする?

投稿日:

2018年10月(日本では11月)に公開が予定されている映画「ヴェノム」。

ヴェノムと言えばスパイダーマンに登場するキャラクターで、作品の中では「もう1人のスパイダーマン」として扱われ、スパイダーマンの宿敵として暗躍したり、時にはスパイダーマンと協力したり、ヴィランだけでなくアンチ・ヒーローとしても人気のキャラクターです。

既に察しの良い人は気付いているかもしれませんが、公開予定の映画ではスパイダーマン内のキャラでスパイダーマンの宿敵であるにも関わらず、肝心のスパイダーマンは登場しない可能性が高いです。

海外のMCU情報を提供しているComicbook.comでは、映画制作者にヴェノムの胸のクモのマークについて尋ねました。

ヴェノムの制作陣は劇中にスパイダーマンが出ないことを認め、ヴェノムはスパイダーマンと繋がらない独自の物語であると主張しています。

クモのマーク以外に何を描くか苦労した

ヴェノムの監督、ルーベン・フライシャー氏はComicBook.comに次のように語っています。

クモのマークを使用できなかったため、クモの代わりに何を胸に置くのが最も難しいのかは明らかでした。映像化の辿り着くまで何万回もその件については考えました。

スパイダーマンは現在MCU内のキャラクターとして扱われているため、権利的な問題としてスパイダーマンを使用できなかったことを認めています。

沢山の法的問題がありますが最も重要なのは、スパイダーマンが映画に出ないでヴェノムの原点がスパイダーマンでない場合、クモのマークがあるのは筋が通っていない。

とフライシャー氏は説明します。

そのため映画ヴェノムの原点がスパイダーマンでないことに気付くや否や、じゃあ私たちの映画ではクモの代わりに何か違うものを付ければいいのではないかという答えにたどり着きました。

 

スパイダーマンが登場しないヴェノム独自のストーリーがどんなものになるのか、またヴェノムの胸のマークがどうなっているのか、非常に気になるところです。




特撮やマーベルも見れる人気の動画配信サービス

仮面ライダーなどの日本特撮やアベンジャーズなども見れる人気のVODサービスを紹介します。

返却の手間も延滞の心配もいらない便利なサービスなので、是非利用して欲しいと思います。(無料の体験キャンペーンも随時実施中)

U-NEXT

U-NEXTは新作の配信がスピーディで次々に話題作を見ることができます。加えてコンテンツが全ジャンルを通じて充実している、量・質ともに満足のサービスです。

最新映画は有料となりますが、毎月付与されるポイントで2本分は無料で見ることができます。

またU-NEXTでは雑誌読み放題サービスや、アダルトジャンル見放題のサービスも追加料金なしで利用できます。

Hulu

Huluの月額は税抜き933円と1000円以下の安いVODです。ただ新作のラインナップが少し良くないのが難点。

「アベンジャーズ」関連の作品が公開されるたびに、MARVEL作品見放題キャンペーンを定期的に行っています。

Amazonプライムビデオ

アマゾンが提供しているサービスです。お急ぎ便が無料になったりなど様々なサービスがあるためコストパフォーマンスが良い。

ただし動画のコンテンツが少なく、定期的に見れなくなる作品もあるため、動画のためだけに利用するというのはあまりおすすめできません。

-MCU, エンタメ, スパイダーマン

Copyright© GEEK-INDUSTRY , 2019 AllRights Reserved.