MCU アベンジャーズ エンタメ

アベンジャーズ4のタイトルは「Annihilation(アナイアレーション)」?

投稿日:2018年10月5日 更新日:

※結果的にエンドゲームでしたね笑

海外のMCU関係のニュースを配信しているmcucomic.comでは、アベンジャーズ最新作のタイトルが「Annihilation」(消滅という意味)になるのではないかとのウワサ(rumor)について言及しています。

以下↓はRumor: The Avengers 4 Title is Avengers: Annihilationの内容の和訳です。

※直訳では意味が分からなくなっているので、独自の意訳を入れています。間違っている可能性があることをご了承ください。

アベンジャーズ4の予告映像よりも、そのタイトルの方が気になるMCUファンは多いのではないでしょうか?

アベンジャーズ4のタイトルについては、イギリスでのアベンジャーズ第一作目のタイトルがそうであったのにも関わらず「アベンジャーズ・アッセンブル」ではないかと信じていた人も多いでしょう。

信頼できる情報源によると、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(無限の戦争)」は「アベンジャーズ/アナイアレーション(消滅)」という結果になったことを意味したタイトルになるのではないでしょうか?

映画監督やプロデューサーなどを行っているジョー・ルッソの写真がその可能性を物語っています。

タイトルはとてもシンプルです。我々が「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で実際に消滅したのを見た経験を土台にしています。

そしてこれは「アベンジャーズ4」でヒーローたちがサノスが行った行為を覆すためにどんな犠牲を払うのかについてのヒントになっている可能性があります。

アベンジャーズのタイトルとはコミック内の出来事をタイトルとして使うのが伝統になっています。ですが漫画の「アナイアレーション」はコミック内の出来事と言うよりはむしろマーベルコミックスの大きくて衝撃的なイベントでした。

以前の映画である「エイジ・オブ・ウルトロン」と「インフィニティ・ウォー」は、マンガの物語とは大きく関係のないところから取っています。

「エイジ・オブ・ウルトロン」コミックはウルトロンが支配する別の未来の話であり、「インフィニティ・ウォー」は「インフィニティ・ガントレット」の続編でした。

ルッソの写真はそのことについて示しているのではないでしょうか?




特撮やマーベルも見れる人気の動画配信サービス

仮面ライダーなどの日本特撮やアベンジャーズなども見れる人気のVODサービスを紹介します。

返却の手間も延滞の心配もいらない便利なサービスなので、是非利用して欲しいと思います。(無料の体験キャンペーンも随時実施中)

U-NEXT

U-NEXTは新作の配信がスピーディで次々に話題作を見ることができます。加えてコンテンツが全ジャンルを通じて充実している、量・質ともに満足のサービスです。

最新映画は有料となりますが、毎月付与されるポイントで2本分は無料で見ることができます。

またU-NEXTでは雑誌読み放題サービスや、アダルトジャンル見放題のサービスも追加料金なしで利用できます。

Hulu

Huluの月額は税抜き933円と1000円以下の安いVODです。ただ新作のラインナップが少し良くないのが難点。

「アベンジャーズ」関連の作品が公開されるたびに、MARVEL作品見放題キャンペーンを定期的に行っています。

Amazonプライムビデオ

アマゾンが提供しているサービスです。お急ぎ便が無料になったりなど様々なサービスがあるためコストパフォーマンスが良い。

ただし動画のコンテンツが少なく、定期的に見れなくなる作品もあるため、動画のためだけに利用するというのはあまりおすすめできません。

-MCU, アベンジャーズ, エンタメ

Copyright© GEEK-INDUSTRY , 2019 AllRights Reserved.